◆業務用食材をとことん活用!

業務用食材の賞味期限とは

業務用食材の賞味期限とは 大容量かつ割安で購入できる業務用食材は、作り置きなどがブームになっていることもあり、一般家庭においてもその需要が高まっていると言えます。
その購入が可能な場所に関しても、通販サイトやそれらの食材を専門に扱うスーパーなど、その店舗の数も増加しています。
また作り置きだけでなく、食材自体が冷凍可能なものも多く、その保存期間が長いということも特徴の一つとして挙げられます。
しかし、その中には一般の食材と賞味期限がそれほど変わらないものもあります。そのような食材に関しては、たとえ割安であっても使いきれないのであれば結局は無駄になってしまいます。
特に、冷凍ができないものに関しては注意が必要で、あまり大容量すぎると使いきれない可能性が非常に高いと言えます。
また、湿気などに注意が必要なものに関しても、業務用食材の量ではたとえ食べることができても、美味しく食べることができないのであればそれは通常の食材を美味しくいただく方が良いでしょう。

業務用食材の値段相場

最近人気が高まっているスーパーマーケットといえば、大容量タイプの食品が売られている業務用食材のスーパーマーケットですが、値段は通常の容量の物よりもグラム単位で比較すると割安になっている事がほとんどです。
業務用のスーパーマーケットで買える代表的な業務用食材は、麺類(1~5kgが多い)・調味料(1L)・冷凍食品(1kg)・チーズ(1kg)・ソーセージ(1kg)等が挙げられ、麺類を例えるとスパゲッティの場合は100gあたりで20~30円の範囲で売られているので、100円前後のレトルトソースを加えるだけで立派なメニューとなります。
米はスーパーマーケットとほぼ同等の価格(一般的な銘柄の10kgは4千円弱)で売られていますが、2種類以上の米を混ぜる複数原料米と呼ばれるコシヒカリのブレンド米の場合は3千円前後で売られているので、炊き方を工夫(炭を入れる・氷を入れて炊く)する事でクオリティの高い炊き上がりになるでしょう。